連載コンテンツ

ARTICLE連載コンテンツ

2023/08/23
月刊超現実

 

月刊超現実 #06

 


 

 

 

 

「 コラージュ」

『月刊超現実』はダリを中心に惠美須がシュルレアリスムやアートについて語るコーナー。

 

おい!コラッ!ひぃ!すいません!今回は「コラージュ」の話である。ゴルァ!

コラージュはフランス語で「貼り付け」を意味する。異なる素材(新聞、雑誌、写真など)を組み合わせ新しいイメージを作成するシュルレアリスム技法の一つである。

 

そのコラージュの第一人者と言われているのがマックス・エルンスト(1891-1976)。エルンストは1920年頃からコラージュの実験を繰り返しており、評論『絵画の彼岸』(1937)のコラージュ論『ウィスキー海底への潜行』で「コラージュのメカニスムとは何か。私はそこに、ふたつの異質なものの偶然の出会いの成果・開発を見ようと試みたのだ」と書いている。あらゆる素材を作者の思うままに貼り付けた結果、思い描いていたイメージとはまったく違う意図しなかった作品が出来上がる。それがコラージュの魅力だ。

ここでコラージュの作品を紹介しよう。日本が誇るコラージュニスト、岡上淑子先生の作品である。先生の作品は実に美しい。

 

岡上淑子 「孵化」 1955年

出典:Artpedia https://www.artpedia.asia/toshiko-okanoue/

 

岡上淑子 「海のレダ」 1951年

出典:Artpedia https://www.artpedia.asia/toshiko-okanoue/

 

どうだろう。まさに超現実。コラージュは美術だけでなく他の分野にも多大な影響を与えた。
異なる素材を組み合わせることで、素材が持っていた本来のイメージが切り離され、新たなイメージが作成されるコラージュ。その製作過程は「無意識の錬金術」や「イメージの錬金術」とも言われている。絵が描けないって!?ノープロブレム!自分の目の前にあるものを切って貼って、オリジナルの作品を作ってみたらどうだろうか?そしたら君も立派なシュルレアリスト、芸術家になれるはずっ!

 

 

 

超現実 シュルレアリスム

RANDOM SALVADORS月刊 超現実 
ランダム

月刊超現実

2022/10/12
03

月刊超現実

2022/05/21
01

月刊超現実

2023/04/24
05

月刊超現実

2024/06/08
10

月刊超現実

2022/07/28
02

月刊超現実

2024/05/08
08

戻る

CONTACTお問い合わせ

「サルバドール・ミー!」「ビジネス・サルバドール」の
ご依頼・ご相談
取材、講演、その他の問い合わせは
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

戻る